主婦アフィリエイター悠のまったりブログ

ネグレクトになりかけた話(ただの長い日記)

time 2019/05/08

こんにちは、悠です。

この記事は、私がネグレクトになりかけたところから娘を保育園に入園させるまでのこと、入園後の葛藤について、自分の気持ちを整理するために書いています。

無駄に長くて書きなぐっただけの記事なので、お暇な方・興味ある方だけどうぞ(。・ω・。)

ネグレクトになりかけた話

「ネグレクト(育児放棄)」って、自分には全く縁のない話だと思っていました。

ネグレクトによって幼い子どもが亡くなってしまう事件もありますが、そういうのは「シングルマザーが彼氏と会うために子どもを放置した」みたいな特別なケースだけなのかと。

ところが、自分自身がネグレクトになりかけて、どんな人にでも起こりうることなんだとわかりました。

今日はネグレクトになりかけた時のこと書いてみようと思います。

平日ワンオペ育児で心身ともに限界だった

2019年2月。

平日はほぼ毎日ワンオペで、週末もずっと休めない日々が続いていました。

だったらなるべく早く寝れば良いのですが、夜にやらなきゃいけない家事はたくさんあります。それに自分の時間は夜にしか持てず、つい夜更かししてしまい寝不足続き(>ω<)

それと、たまたま色々と良くないことが重なって、ストレスもMAXになっていました。

心身ともに疲れ切ってしまい、「今日は22時に寝る!」と思っていた日の21時22分。北海道に大きな地震が起きました。

幸い娘は起きませんでしたが、また9月に起こったような大規模停電になったらという不安もあり、落ち着きません。そして夫はまだ会社にいて、いつ帰宅できるかわかりませんでした。

結局うちは何事もなかったのですが、夫の帰宅を待ってご飯支度をして、さらにその日のうちにやらなきゃいけなかった夫の会社関係の手続きもやっていたら、深夜1時になってしまいました。

翌朝。まさにこんな感じ→(›´ω`‹ )

夫に「今日はもう無理。死ぬ。」とか話してました。

でもその日は、近所の保育園でやっているイベントに参加する日。一時保育のことも聞きたかったので、這ってでも行きたい…。

その保育園は駐車場がないのですが、家の前の道路がツルツルで抱っこで行くのは怖くて、どうやって行くか迷っていました。すると夫が「もう道路の雪はほとんど融けているから、ベビーカーで行けばいいじゃん」と。

その言葉を信じてベビーカーで出かけたら…

車道の雪は融けてるけど、歩道の雪は全然融けてないし!!!!!(怒)

しかもガタガタだったりシャリシャリだったりで、ベビーカーが全然進まず、娘ごとベビーカーを持って運ばなければならないという_:(´ཀ`」 ∠):_

そんなこんなでクタクタになって帰宅して、娘にご飯食べさせて自分も食べて、昼寝させようと寝かしつけたんだけど、全然寝ない_:(´ཀ`」 ∠):_

そのうち勝手に寝てくれるでしょうと思い、娘の隣で横になっていたら、娘が私を乗り越えていきました。

で、そこにあったスマホを「とったどー!」のポーズで持ち、振り返った私の顔に「ゴン!!」

不運にも、目に当たってしまいました(。´Д⊂)

スイッチが完全にオフになってしまった

目に思いっきり当たった瞬間、「これはヤバイな」と思いました。

ハードコンタクトを入れていたので、目の中で割れていないか恐怖でした。

とりあえず娘を抱っこして洗面所に行って、目から出血とかはしていないことを確認。すぐにコンタクトを外し、とりあえず目は見ているので大丈夫そう。

…しかし、黒い糸みたいなものがモヤモヤーっと目の前を飛んでいます。。。

すぐに「飛蚊症ってやつだな」とわかりました。

とりあえずその場でスマホで検索して、病院に行った方が良さそうだと思ったのですが、娘を連れていくわけにはいきません。

夫に早めに帰宅して欲しい旨連絡して、再び娘を寝かしつけに行きました。

その後無事に娘は昼寝してくれたので、その間に再び検索検索…

打撲により飛蚊(黒いモヤモヤ)が発生した場合、網膜裂孔や網膜剥離の可能性もあり、最悪の場合は失明するとのこと…!!!

めっちゃ不安だったのですが、それ以上に疲労とストレスが限界に来ていて、もう何もかもが嫌になっていました。

寝かしつけの時「もう寝てよー…もうママ無理だよー…」とか言ってたしw

夫は「娘を義実家に連れていって、そこからタクシーで病院に行ったら?」と言うのですが、義母に連絡して、娘の用意をして、タクシーを手配して…なんていう気力はなく。

娘が起きるまで、とりあえず寝ることにしました。

娘が起きて私も眠りから覚めた時、まず目に入ってくるのは黒いモヤモヤ。少し時間が経ったら良くなってるかと思ったけど全く変わっておらず、ガッカリ。

気持ちがすっかり落ち込んでしまい、娘に笑顔を向けられませんでした。

昼寝から起きたらおやつというのが毎日のルーティーンなので、とりあえずおやつを食べさせました。

で、その後「おむつ替えた方が良さそうだなー」と思ったんですが、もはやその気力もない…

娘がかわいいという気持ちが消え、抱っこを要求してくる娘を無視してしまいました。。。

その後夫が帰宅し、病院へ行きました。

診察の結果

「網膜裂孔や網膜剥離はしていないので大丈夫。」

「飛蚊症は通常50代、近視が強い場合は40代後半から出てくるんだけど、目に衝撃を受けたことでそれが早まったのだろう。」

「老化現象なので治療方法はない。飛蚊症の症状は、薄くはなると思うけど完全に消えることはない。」

とのこと。

娘に殴られたと言っても、まだ1歳でもちろん悪気はない。誰も悪くないただの事故。

なんだけど、常に視界につきまとう黒いモヤモヤと一生付き合っていかなきゃいけなくなってしまい、気持ちの持っていきどころがわかりませんでした。

その日は何もする気が起こらず、帰宅したらずっとソファでうずくまっていました。

夫が育児も家事も全部やってくれたので、私は寝かしつけだけしました。

翌朝、目の症状は全く変わっておらず、あらためて絶望。

娘に起こされたけど夫はまだ寝ていたので、朝ご飯を食べさせたのですが、やっぱり娘に笑顔を向けられないんです。その後夫が起きてきて、私は朝ご飯も食べずにまたソファにうずくまっていました。

娘がニコニコしながら近づいてきても、無視してしまった。

どこか目の届かないところにいっても、何かを訴えようとしていても、無視してしまった。

娘に関心がわかず、おむつ変えた方が良さそうと思ってもその気力がない。

『これがネグレクトってやつなんだな。ネグレクトって突然なるんだなー』と思いましたね。

その後、夫は娘を連れて実家に行き、私は数時間一人で過ごしました。近所のイタリアンで食事して、帰ったらテレビみて、昼寝して。こんなにダラダラしたの、いつぶりだろう?

日が暮れた頃に夫と娘は帰宅したのですが、その頃にはようやく気持ちを持ち直し、帰ってきた娘をギュっと抱きしめました。

でも、二日間ネグレクトしてしまった代償はやっぱりあって。

娘は新生児の頃から親の感情に敏感な子で、私が娘に対して最悪な態度を取ってしまったことに怒っているというか、何か感じ取っているようでした。

目を合わせてくれず、ずっとパパの方をみたり、パパを後追いしていました。

ものすごーく申し訳なくなり、お風呂に入れて、寝かしつけの時ごめんねって謝って、娘ちゃんのこと大好きだよって言って。

翌日にはいつも通りの娘に戻ってくれて、夜には私もようやくいつも通りの自分を取り戻しました。

ネグレクトを防ぐためには周囲の協力が絶対に必要

冒頭にも書きましたが、ネグレクトって例えばシングルマザーが恋人に会うために子どもを家に放置して死なせてしまった事件とかがあったけど、そういうケースじゃなくても全然ありうるんだなと痛感しました。

(というか多分、そういうケースだったとしてもお母さんは育児に疲れていたとか理由がある気する)

疲労やストレスがたまって限界を超えたら、突然スイッチが切れてしまい、何もできなくなってしまうんです。

そうならないために、夫や祖父母の協力を得るのが大事。でもそれが難しかったり、それだけでは解決できないこともある。

今の時代、祖父母も忙しいですよね。私の母はフルタイムで仕事しているから、実家に帰ったところで平日ワンオペに変わりないので帰る意味がないし。

義両親はもう仕事してないけど、なんだかんだ忙しいみたいで、急なお願いだと都合がつかないことも多いです。

一時保育やファミリーサポート、ベビーシッターなどのサービスはあるけれど、それを利用するまでのハードルが高かったりする。

疲れ切ってそういうサポートが必要な人は、自分で調べて問い合わせて見学に行ったり申し込んだり、当日子ども連れていったり迎えに行ったりする気力もなかったりする。

我が家の場合は、夫が私に何でもまかせっきりなので、もうちょっと考えてほしいなって思いますけどね。。。

一時保育の厳しい現実を知る

飛蚊症事件のあとも、ワンオペ&休めない日々が続き、何度も心がくじけそうになりました。

このままでは娘にとって良くないことが起こってしまうかもしれないと思い、一時保育を受け入れてくれる保育園を探しました。

それまでも探していたのですが、「今は一時保育の空きがない。4月は新入園児が来てバタバタして余裕がないので、5月ごろにもう一度問い合わせてほしい」という園ばかりでした。

そんな中、受け入れてくれる保育園を見つけたのですが、話を聞きに行って書類をもらい、用意して、登録の手続きの予約を待ち、実際に予約が取れる状態になるまで2週間かかりました。

そしていざ予約を取ろうとすると、予約受付開始時刻ぴったりに電話してもつながらない!!!

何度もかけなおしてようやくつながった時には、もう予約がいっぱいになってしまっていたという_:(´ཀ`」 ∠):_

話には聞いてましたが、都会じゃないから大丈夫でしょうと思っていたら、全然大丈夫ではありませんでした…

保活を始める

先ほどの保育園は、1日分ずつしか予約が取れません。しかも予約競争がし烈なので、ほとんど毎日時報を見ながら電話をかけることになってしまう。

それに認可保育園なので持ち物が多いし、おむつを捨てるためのビニール袋にまで1枚ずつ名前を書かなきゃいけないということで、準備が非常に大変でした。

幼稚園入園までの2年間これを続けるのは無理!!!ということで、ものすごく今さらなのですが保活を始めることにしました。

こんな時期に探しても空きはないだろうなーと思っていたら、いきなり空きがある保育園がみつかってビックリ(ㆁᴗㆁ✿)

ちょうど年度替わりだったので、タイミングが良かったようです。

家からちょっと遠いけど車で通える範囲。認可外でまだ新しい園。

とりあえずすぐに見学に行ってみることにしました。

で、行ってみたら、詳細は割愛しますが、不安に思う点や腑に落ちない点がいくつもあって。

不安に思いながら大事な我が子を預けて良いのか?というのを、ずっとずーっと考えていました。

でも、ここに娘を入園させなければ、預けること自体が大変な認可保育園の一時保育に時々行かせつつ、基本はワンオペの日々。

私には毎日児童館や公園に連れていってたくさん遊ばせるのは無理。

さらに家でも一緒に遊び、栄養のあるご飯やおやつを用意し、ワンオペでお風呂に入れて、寝かしつけでぐずっても誰にも助けてもらえないまま根性で頑張る…なんてことを続けていたら、娘に笑顔を向けられなくなるのは目に見えていました。

不安な気持ちがありながら預けて、もし何かあったら絶対後悔する。

でも、全く不安なく預けられる園なんて存在しない。

保育園に行けば、先生やお友達とたくさん遊んで刺激を受けられるし、お外遊びにも連れていってもらえる。手作りの給食やおやつも食べさせてもらえる。

「でも本当にこの園で大丈夫かな?」としつこく悩み続けている私に夫も疲れ、「とりあえずここに入園させよう。ダメだったらやめればいいし、通ってみないとわからないでしょ?」

ということで、入園を決めました。

入ってみたら良い園だった…けど。

娘の入園を申し込んでから実際に通い始めるまでの間にも、園のことをたくさん調べました。

そのうちに園を経営している人が他にどんなことをしているか知り、その理念に共感して安心しましたし、実際に通い始めたら良い面がたくさん見えてきました。

娘は今まで他の子と遊ぶ機会がなかったのですが、お友達と一緒に遊ぶようになって刺激を受け、発達面でも良い影響を受けているようです。

でも、まだ慣れていないのもあり、登園時はギャン泣きです。

保育士さんは「すぐに泣き止んでニコニコするから大丈夫ですよ」って言ってくれるのですが、それって本当に大丈夫なのかな?と心配になってしまうんですよね(。>﹏<。)

娘はいわゆるHSC(ひといちばい敏感な子)。私もそれで、集団生活が苦手でした。だから娘を自分に重ねてしまうのです。

保育園に行った日は夜泣きがかなり多くなります。今までは義両親にとてもなついていたのですが、保育園に行くようになってからは、ママの抱っこじゃないとダメ!なことが多くなりました。

義実家に行って私が帰り支度をしていると、置いていかれると勘違いして泣き出してしまいます。

今まで安心してママと暮らしていたのに、突然保育園という社会に放りだされて。まだ生まれて1年ちょっとしか経ってないのに。

早すぎたかな。
不安を抱かせてしまって申し訳ないな。
保育園に慣れればこの不安はなくなる?それとも、慣れたように見えるようになっても不安はずっと抱いたままなのかな?
私はちゃんと母子の愛着形成ができて、安全基地になれているのかな。(人見知りが激しいので大丈夫だと思いますが…)

保育園に行かせるたびにそんなことを考えてしまいます。

でも、保育園をやめたとしても

毎日児童館や公園に連れて行ったり、他のお友達と遊ばせるの無理。
給食みたいに毎日違う料理出せない。
体調悪くても休めない。
限界ギリギリの生活をしていると、ちょっとでも何かあった時に自分がダメになって立ち直れない。
そんな余裕がない生活をしていて娘にたっぷり愛情を注げるのか?虐待してしまわないか?

私のキャパシティや夫の協力・周囲の環境を考えると、保育園に通わないよりは通った方が良い結果になる!

と自分を納得させて、あとは娘が保育園に慣れて心から楽しめるようになり、不安も抱かなくなるよう祈るばかりです。

私に関していえば、娘の預け先が見つかってから精神的に余裕ができました。

それまでは「次に休めるのは一体いつなんだろう」という状況だったのが、「体調が悪ければ娘が保育園に行ってる間に休める!」と変わったのはかなり大きい。

娘と離れるのはさみしいですが、離れることで自分に余裕ができて、娘がどれだけギャン泣きしても心が折れなくなりましたw

不安はありますが、保育園に通わせて良かったなと思います。

やっぱりねー、母親がなんでも一人で抱え込んでしまうと、子どもにしわ寄せがいくと思うんですよね。私自身も子供時代にしわ寄せをくらって、ものすごく生きづらくなってしまったので。

娘には「人生って楽しい」と思わせてあげたい。

全然まとまってませんが、とりあえず迷いを吐き出したので、あとは気持ちを切り替えて仕事頑張りまっす٩( ‘ω’ )و

コメント

  • こんにちは(*’ω’*)

    子育て、アフィお疲れ様です。

    その後、アフィはどんな感じですか?・・・って育児でそれどころではないって感じでしょうか??

    読んでいて解かるなぁ・・と思いながら読んでいました。

    アフィ初めて国保で運営中ですが、収益を気にしながらのアフィはどうもこうもほんと、どうしようって思いますね(;’∀’)

    最近はアハハ!!!とひとりで破壊的に心の中で大爆笑しています。笑

    あ、最近出産しまして、上の子と新生児のお世話でアフィどころではなく、どうやって時間確保しよう・・・という前に、どうやって精神状態を保とうか・・・という感じの主婦1号です。

    うちも実家は義実家へ頼れる環境ではない&旦那の帰りは鬼遅いので、似たような環境かな??と。

    保育園って最初めっちゃ泣かれて親は不安で仕方ないですよね。

    上の子のとき1年で預けたんですが、この世の別れか!!??というくらい泣かれて参っていました。

    迎えに行くと、持っていたおもちゃを落としてその場でホッとしたのか大泣きする始末だったりで。

    可愛いやら可哀そうという複雑な心境だったのを思い出しました。

    でも、1カ月ほどで楽しんで過ごしてくれるようになってくれました(*’ω’*)

    最初は大変でしたが・・・

    今4歳ですが、いまだにママとパパと家で遊んでいる方がいい!!保育園行きたくない!と言われますが、毎朝文句も言わず保育園に行って楽しく過ごして帰ってきています(*’ω’*)

    最初はこの先生大丈夫なの??という不信感すらありましたが、人生生きていけば色々な人にも遭遇するし、これも経験、園で満たされない部分は親のわたしがしっかり満たせばいいと自分にも言い聞かせて通わせていましたが、何のことはなく、園の先生も本当に優しく接していただいて(そうでない日もあるかもしれませんが、分かりません(;’∀’))、言葉が話せるようになった今、先生はみんな好きだと言っています。

    特に1歳って言葉が話せないから、親のわたしも神経質になってしまっていましたが・・・大丈夫なようでした(*’ω’*)

    て、なんてことないコメントですが、以前からサイト見させていただいていて、コメントさせていただいた次第でした。。

    アフィれよって感じですが。笑

    アフィリ、子育て頑張ってください~(^^)/>>

    わたしもですが~あはは~

    ほんと形は色々あると思いますが、母とこどもが笑顔で過ごせる環境がベストですよね~^^

    通りすがりの主婦1号より。

    by ぽんず €2019年5月20日 14:00

    • ぽんずさん

      こんにちは!お返事遅くなってしまいすみません(。>﹏<。)
      気にかけてくださってありがとうございます(*’∀’人)

      アフィの方はもう全然…収益的にはいよいよ4桁に突入しそうな勢いですw

      でも今は、保育園の入園条件を満たすために仕事してる感じなのと、夫の扶養に入り年金国保の心配もなくなったので、焦らずマイペースでやってます(^^)

      ご出産されたとのこと、おめでとうございます!!

      アフィリの方も気になりますが、まずはお身体を労わってお過ごしくださいねー!
      両実家&旦那さんの協力が得られないとは、私よりよほど大変な状況かと思います(。´Д⊂)

      保育園は、最初は心折れますね(。´Д⊂)
      ぽんずさんのおっしゃる通り、言葉が離せない分余計心配でした。

      うちは通い始めてそろそろ2か月経つのですが、未だにバイバイする時は号泣です(^^;
      それでも私がいなくなったらすぐに泣き止んで楽しく遊んでいるようですし、最近は保育園に行きたがるそぶりも見られるようになりました♪

      娘がお世話になっている保育士さん自身も、お子さんを0歳の時から預けて働いているそうで、「気持ちわかります」と言ってくださって。
      誰でも同じなんだ!保育士さんですらそうなんだ!と、安心できました。

      >ほんと形は色々あると思いますが、母とこどもが笑顔で過ごせる環境がベストですよね~^^

      ほんとそれです!!!!!

      保育園に通うようになって、ようやく体力と精神が自分のキャパにおさまった気がしますw

      心身の健康とのバランスを取りつつ、お互いアフィリ&子育て頑張っていきましょうー(๑•̀ㅂ•́)و✧

      by 悠 €2019年5月29日 15:52

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

アフィリエイトのこと

収益報告

育児のこと

プロフィール

悠

30代主婦アフィリエイターの悠です。 2015年5月からアドセンスブログ、2016年4月からサイトアフィリエイトを始めました。2016年3月には開業届を出し、個人事業主になりました!マイペースに、楽しく取り組んでいきたいと思っています♪ [詳細]