主婦アフィリエイター悠のまったりブログ

アフィリエイターにおすすめのクラウド会計ソフトはどれ?全部使ってみました!

time 2016/09/29

こんにちは、悠です。

この記事を書いている時点での私のアフィリエイト収益は月10万円以下。今年一年の売上の合計は100万円にも満たない見込みです。

ですが、38万円は超えてしまっているので、確定申告をしなければいけません。
しかも、青色申告で65万円控除をゲットしようとしています(ㆁᴗㆁ✿)

そのためには「複式簿記」で記帳しなければいけません。

たくさん稼いでいるアフィリエイターの方なら、面倒な作業は自分でせずに税理士さんに依頼してしまうところでしょうけれど、私はまだ税理士さんにお願いできるほど稼げてはいません(。´Д⊂)

複式簿記での記帳は、簿記のプロの方ならExcelでも作れてしまうらしいですが、私のような素人にはさすがに難しい…

しかし会計ソフトを使えば、複式簿記とかよくわからない人でも、なんとか記帳することができます!

簿記の経験や知識がない人でも使いやすい会計ソフトはどれなのか?有名どころの会計ソフト3つを全部使ってみました(◍•ᴗ•◍)

会計ソフトにはどんな種類がある?

アフィリエイター(個人事業主)が使う会計ソフトといえば、下記の3つが主流のようです。

上記はオンラインで使えるクラウド型の会計ソフトですが、「やよいの青色申告(オンラインではない方)」を筆頭に、パソコンにインストールして使うタイプのソフトもあります。

しかしクラウド型であれば、データのバックアップやソフトのアップデートを行う手間がかかりません。

料金の面では、クラウド型は月1000円程度の費用がかかります。
一方インストール型は1万円程度で購入できますが、バージョンアップが必要な際は再度購入する費用がかかります。

と言っても、確定申告書の書式は毎年変わるものの、ソフトのバージョンアップをしなくても、国税庁の確定申告書等作成コーナーを使えば大丈夫なようです。

しかし、法律の変更などによってどういう時にバージョンアップが必要かとかは、一般人にはよくわからないですよね(^^;
そういう方にはやはりクラウド型がおすすめかと思います。

ただ、インストール型はインターネットにつながっていなくても入力できる、動きが軽いというメリットもあります。

料金の比較

まずは料金を比較してみましょう。
なお、料金は全て8%の税込価格で記載しています。

MFクラウドの料金プラン

  • フリープラン:無料(月15件まで)
  • ベーシックプラン:月額864円(年払いだと9,504円 ※1か月分おトク)
  • あんしん電話サポート付きベーシックプラン:18,576円(※年払いのみ)

フリープランは、仕訳件数が月に15件までならずっと無料で使えます
登録から30日のみチャットサポートが利用でき、それ以降はメールサポートなら受けられます。

ベーシックプランは仕訳件数に上限がなく、チャットサポートもずっと利用できます。電話サポートを受けられるのは「あんしん電話サポート付き」のみです。

やよいの料金プラン

  • セルフプラン:年額8,640円
  • ベーシックプラン:年額12,960円

やよいは年払いのみです。

セルフプランとベーシックプランの違いはサポートの有無です。ベーシックプランだと電話やメール、チャットでサポートが受けられますし、仕訳相談や確定申告の相談にも乗ってもらえます!

初めての青色申告で記帳指導も受けていない方には心強いですね。

セルフプランだとサポート無しです(°ω°)

セルフプランは初年度無料、ベーシックプランも初年度は半額で利用できます。
無料でも仕訳件数の上限はありませんし、しっかり確定申告までできるのでありがたいです♪
(ただしキャンペーンなので今後変更の可能性があります)

freeeの料金プラン

freeeには「スターター」「スタンダード」「プレミアム」の3種類のプランがありますが、消費税の免税事業者(売上1000万円以下)の場合は「スターター」プランで十分でしょう。

料金は月額1,058円(年払い10,584円 ※2か月分おトク)

メールとチャットでサポートが受けられます。

どのソフトでも料金はそれほど大きく変わらないので、自分にとって一番使いやすいものやサポートの有無などで選ぶと良いのかなと思います。

実際に使ってみた感想

それでは実際に使ってみた感想です!

MFクラウド

どの会計ソフトでもそうなのですが、銀行口座とデータ連携できるので、仕訳入力が非常にラクです(*’∀’人)

連携機能は特にMFクラウドが充実しています。

銀行口座やクレジットカード・電子マネーだけでなく、Amazonや楽天など、かなり多くの種類のサービスと連携できます。

MFクラウドの自動仕訳

ホーム画面はこんな感じ。
MFクラウド_ホーム画面

連携している銀行口座に入金があると、「未仕訳○件」と表示されます。
そこをクリックするとこのような一覧がでてくるので、「登録」を押すと自動仕訳されます。
MFクラウド_口座連携

仕訳帳を確認してみると、下記のようにきちんと仕訳されています♪
MFクラウド自動仕訳後の仕訳帳

私のように「借方と貸方ってどっちに何書けば良いの?」レベルの人にはありがたい機能ですね!

「簡単入力」は本当に簡単!

自分で手入力する場合も「簡単入力」という機能があり、簿記が良くわからなくてもなんとなく入力することができます。

例えば、Google AdSenseの収益が確定した時の仕訳だと下記のようになります。

青色申告の65万円控除を受けるためには「発生主義」で記帳しないといけないので、月末の確定時は「売掛金()」で仕訳しています。
MFクラウド_簡単入力1
MFクラウド_簡単入力2

①から順番に選んでいくだけなので、とっても簡単!!「借方と貸方(左と右)どっちだっけ!?」と迷うことなく入力できます(◍•ᴗ•◍)

また、複式簿記に慣れている方向けの「仕訳帳入力」もでき、Excel感覚で入力することができます。

売掛金(うりかけきん)とは「○○円もらえることが決まったけど、その時点ではまだ入金されていないお金」のことです。

アフィリエイトの場合、広告から発生しただけではまだもらえるかどうかわからず、確定して初めてそのお金がもらえることになります。

8月に確定した報酬が9月に入金される場合、

  • 8月確定時⇒「売上げが発生して売掛金が増えた」
  • 9月入金時⇒「普通預金が増えて売掛金が減った(売掛金が回収された)」

というような2件の仕訳をします。

このような仕訳方法を「発生主義」と言いますが、アフィリエイトの「発生」とは意味が異なります。

一方、青色申告の10万円控除の場合だと、確定日は関係なく「入金された日=売上日」となり、売掛金は使わなくて良いです。これを「現金主義」と言います。

ASPと連携しているけど…

MFクラウドは、いくつかのASPとの連携機能もあります。

MFクラウド_ASP連携

  • A8.net
  • Moba8.net
  • もしもアフィリエイト

他にも、記事の外注に以下のクラウドソーシングを利用している方もいらっしゃると思います。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

クラウドソーシングの方は利用したことがないのでわからないのですが、ASPの方はちょっと微妙でした…

というのも、仕訳が確定日ごとに分かれてしまうのです。
MFクラウド_A8との連携

私はASPごとに1か月単位で記帳したいので、ASPとの連携機能は使っていません。

月15件の仕訳で足りる?

MFクラウドは仕訳が月15件までなら無料で使えます。しかし、アフィリエイトの記帳で月15件というのは足りるのでしょうか?

私の場合は15件では足りていません(。´Д⊂)

発生主義で確定時と入金時で別々に記帳する場合、1つのASPに対して最低でも2件必要です。もし手数料もこちら負担の場合(A8など)は、3件になります。

【収入の仕訳】

  • Google AdSense × 2件
  • A8 × 2件
  • アフィリエイトB × 2件
  • etc…

【支出の仕訳】

  • 通信費
  • サーバー代
  • ドメイン代
  • 参考書籍
  • セミナー参加費
  • 交通費
  • 振込手数料
  • etc…

ASPの数が少なければ15件で足りますが、たまたま経費が多かった月などは有料プランにアップグレードしないと登録できなくなってしまいます。

ちなみに、月15件というのは「取引日ベース」でカウントされます。

例えば「8月に支払った経費でまだ仕訳していないものがあるけど、8月の仕訳数が15件になっちゃった!」という場合。

「1か月に15件まで入力できるから9月になったらまた8月分を入力できる」のではなく、8月の日付で入力できる仕訳の上限が15個です。9月になっても8月分はそれ以上入力できませんのでご注意ください(。´Д⊂)

やよい

やよいにも、銀行口座やクレジットカード、電子マネーとの連携や自動仕訳の機能があります!

ただし、口座連携ツールをインストールしないといけません。MFクラウドや、後述するfreeeは簡単に口座連携の設定ができるのですが、やよいは設定ができるまで時間がかかりました(^^;

わかっていればすぐに設定できると思うのですが、最初よくわからなくて(。´Д⊂)

また、他の会計ソフトと違って、細かい設定ができました。

何時に口座とデータ連携をする?とか、連携のつど認証情報(秘密の質問等)を入力するか?とか、指定した日以前のデータは取り込まないとか。

やよいの自動仕訳

口座から取得したデータは、このように一覧表示されます。
やよい_口座連携

MFクラウドと同じように、登録すると自動で仕訳されます。

「かんたん取引入力」は慣れれば簡単

やよいにも、簡単に入力できる機能があります。ただ、MFクラウドやfreeeと比べるとちょっとだけ簿記の考え方に慣れている人向けかな?という気がします。

AdSenseの確定時の入力をしてみます。
やよい_簡単取引

「科目」や「取引手段」という単語は、簿記素人にはピンとこない言葉ですが、雰囲気で入力できますw

仕訳帳を確認してみると、このように仕訳できています。
やよい_仕訳帳

やよいにももちろん、慣れている人向けに仕訳帳で入力する機能もあります。
やよいの仕訳入力

売掛帳がある

他のソフトには無いのですが、やよいには「売掛帳」で入力する機能があります。
やよい_帳簿一覧

売掛帳で入力できると言っても、結局のところ「かんたん取引」の画面と一緒だったりしますが(^^;
やよい_売掛帳

freee

freee(フリー)はMFクラウド・やよいとは別物という感じで、簿記の知識が無い人にもわかりやい会計ソフトになっています。
しかし、簿記の知識がある人にとっては逆に使いづらいかもしれません。

他のソフト同様、銀行口座・クレジットカード・電子マネーとの連携はもちろん、Amazonやnanacoなどとも連携できます。

freeeの自動仕訳

freeeのホーム画面はこちら。
freee_ホーム画面

連携されたデータがある場合はこちらに表示されるので、クリックすると下記のような一覧がでてきます。
freee_未決済取引消込

ASPから入金された時の仕訳ですが、下記の「カンタン取引登録」のタブには「売掛金」が出てきません。

あらかじめ確定時の仕訳を「未決済取引」として登録しておき、「未決済取引の消し込み」タブから入力するようです。
freeeの自動仕訳

MFクラウド・やよいとは、かなり操作感が違いますね(。・ω・。)
でも「確定時(入金はまだ)の時に未決済取引として入力し、入金されたら消し込んでいく」というのはイメージがしやすい気がします。

「仕訳って何?」状態でもOK!取引の登録方法

他の会計ソフト同様、簡単に仕訳を入力できます…というか、簡単な方法で入力するのが基本になっています。

そもそも「仕訳」という言葉を使わず、簿記の知識が全くない人でもわかりやすいような設計になっているのかな?と感じました。

例えば月末の確定時の取引を入力してみます。

freeeの取引入力

「収入」「未決済」を選択し、勘定科目のところをクリックすると、上記画像のように候補が色々でてきます。
これは大変わかりやすい!!

このように入力することで、売掛金として仕訳ができます。
freee_確定時の仕訳

「レポート」から仕訳帳を見てみると、このように仕訳できていますね。
freeeの仕訳帳

仕訳形式で入力できないの?

基本的には「取引の登録」という形で入力するのですが、複式簿記に慣れている人でもわかりやすいような仕組みもあります。

一つは「仕訳形式プレビュー」です。プレビューの設定をしておくと、入力画面の下に「仕訳形式だとこうなります」というプレビューが表示されるので、それを見て確かめながら入力できます。
freee_仕訳形式プレビュー

もう一つは「振替伝票を作成する」という方法で仕訳形式の入力ができるようなのですが…私にはちょっとわからなかったです(^^;

仕訳形式で入力したい方は、MFクラウドか、やよいを使った方が良いと思います。

各ソフトのメリットとデメリット

【MFクラウド】初心者は面食らうけど、マスターすれば便利で使いやすい

MFクラウドは連携機能が充実していますし、様々な方法で仕訳入力できたり、Excelの帳票からデータをインポートするなど、高度なことが色々できます。

しかし、簿記初心者がMFクラウドを使おうと思ってログインしてみても、まず何をやったら良いかわからなくて面食らいました(^^;
多分挫折してしまう人もいるのではないかと…

PDFのマニュアルとかもあるのですけれど、そこまでじっくり調べて使い方をマスターをしていくのは正直面倒です。

アフィリエイトの仕訳はそんなに大変ではないですし(多分)、記帳と確定申告さえできれば細かい機能とかはなくても良い人もいますよね。

「簿記初心者だけど、とりあえず今年一年だけ自分で記帳する。収益が増えたら税理士さんに丸投げする」という人にはハードルが高いように思いました。

ただ、マスターすればとっても便利なので、これからもずっと自分で記帳していくという人にはすごくおすすめです。

MFクラウド確定申告

【やよい】ちょっとわかりづらいけど、初心者には親切だし1年間無料で使える

やよいはホーム画面に「まず何をしたら良いか?」が順番に表示されているので、初心者でもなんとなくやり方がわかります。

やよいの設定画面

やよいのホーム画面

まだ使ったことはありませんが、確定申告の時にも操作の流れがわかるようなUIになっているのでありがたいです。

「かんたん取引」は他のソフトと比べると初心者には難しい気もしますが、慣れれば問題なく使えると思います。

何より素晴らしいのは、1年間(最長14か月)無料で仕訳件数の上限なく使えるという点!
しばらく使ってみないと、そのソフトで自分がやっていけるのかどうかよくわからないですしね…

MFクラウドだと仕訳が月15件に収まらなくなった時点で有料プランに変更しないといけませんが、やよいなら仕訳件数関係なく無料で確定申告までいけます。

「とりあえず最初の1年は自分で…」という人には、やよいの青色申告オンラインが良いのではないかと思います。

記帳指導など相談できる相手がいない場合は、ベーシックプラン(初年度半額)で仕訳や確定申告の相談に乗ってもらえるのも良いですね。

やよいの青色申告 オンライン

【freee】とにかく簡単!でもネットで情報収集が難しい

freeeは簿記の知識が無い人でもわかりやすく、最初の設定や確定申告の時の流れも、ものすごーーく簡単になっています。

入力画面に「よくある質問」が表示されていて、わざわざQ&Aを開いて調べなくてもなんとかなる感じです。

「仕訳とか売掛金とかわからない!勉強もしたくない!」という方にはおすすめです。

ただし、記帳する時に「こういう時ってどう入力したら良いんだろう?」という疑問点は出てくるものですよね。
そういう時にネットで調べると、出てくる答えは「仕訳形式」なのです。。。

例えば、自分がわからないことに対する答えが

「こういう時は『売掛金 / 売上』で仕訳します。」

だった時。

やよいやMFクラウドだったら、意味がよくわからなくても仕訳形式でその通り入力することができますが、freeeだと「その仕訳をするためにはどうやって入力したら良いの?」という、さらなる疑問が発生してしまいます。

ただ、画面右下にチャットで質問できるウインドウが出ているので、疑問に思ったらすぐにチャットで質問してみれば良いような気もします。

クラウド会計freee

結局どれがおすすめなの?

結局どのソフトが良いのでしょう。

個人的には下記のように感じました。

MFクラウド】がおすすめ

  • 簿記や確定申告の経験者
  • 今後もずっと自分で記帳していく予定の人

やよいの青色申告 オンライン】がおすすめ

  • 簿記はあまり詳しくなくても基本的なことは勉強できる人
  • とりあえず最初の確定申告までは無料で使ってみたい人
  • 仕訳や確定申告の相談に乗ってもらいたい人(初年度半額ベーシックプラン)

freee】がおすすめ

  • 簿記のことは全くわからないので、とにかくわかりやすいのが良い人

ちなみに私は、今後は「やよい」を使う予定です。というのも、記帳指導セミナーが弥生だから!

インストール版(学習用体験版)で指導を受けているのですが、オンライン版でも教えてくれるというので、やよいのオンラインを使っていこうと思います。

このブログでも、今後は「やよい」での解説をメインに行っていこうかなぁと思います(◍•ᴗ•◍)
(需要があれば…)

最後に。そもそも記帳を自分でやるべきか?

会計ソフトを全部使ってみてわかったのは、どのソフトを使ったとしても、複式簿記での記帳はド素人にはそれなりに難しいです(。´Д⊂)

青色申告承認申請書を出した時に「本当に自分で複式簿記での記帳ができるかやってみよう!」と思い、最初に登録したのがMFクラウドだったのですが、その時はなんとか記帳できるようになるまで3日かかりました。

一度記帳できるようになると他のソフトでも応用がききますが、慣れるまでは時間がかかります。

そこまでの時間と労力をかけて自力で記帳するぐらいなら、その時間はアフィリ作業にあてて、記帳は税理士さんにお願いする!という選択肢もアリですね(^^;

特に初年度から稼いでいるアフィリエイターさんなら尚さらです。

でも、私のようにマイペースにちょっとずつ稼いでいるという人は、税理士さんに記帳をお願いできるほどの余裕がありません(°ω°)

アフィリエイターが記帳するパターンは決まっていますし、件数もそれほど多くありません。パターンさえつかんで一度確定申告を乗り切れれば、しばらくは税理士さんにお願いしなくても自分でできると思います。

ある程度収益が増えてくると、税理士さんにお願いした方が相談費用を上回る節税ができるという話も聞きますが、私はまだそこまでの収益に達していないので、自分で頑張ります(ㆁᴗㆁ✿)

down

コメントする




CAPTCHA


アフィリエイトのこと

収益報告

プロフィール

悠

30代主婦アフィリエイターの悠です。 2015年5月からアドセンスブログ、2016年4月からサイトアフィリエイトを始めました。2016年3月には開業届を出し、個人事業主になりました!マイペースに、楽しく取り組んでいきたいと思っています♪ [詳細]

アーカイブ